ホーム > おそばのあれこれ > 鍋焼きうどん

おそばのあれこれ

そばの豆知識 5鍋焼きうどん

冬季に喜ばれる麺類といえば、鍋焼きうどんが挙げられる。

 現在では、ざるうどんなどの冷たい品書きが人気になっているが、うどんはもともと冬場に温めて食べるものだったようである。元禄10年(一六九七)刊の 「本朝食鑑」には、うどんは寒い時期のもので、ひやむぎは暑い時節によいとしたうえで、寒温の区別なく食べる人がいるとかかれている。この時代すでに、う どんとひやむぎの季節による食べわけが定着していたわけだ。

 天保・嘉永期(一八三〇~一八五四年)の江戸風俗の記録「守貞謾稿」の筆者・喜田川守貞は大阪に生まれ、三十歳の時に江戸へ出てきた人である。そのせい か、当時の上方のうどんの品書きも紹介しているが、うどんは温かいかけが基本だったようだ。江戸のそば屋で出していたうどんも「あんかけ」である。

 また、いずれの場合も季節については触れていないから、うどんといえば年中を通して、温かいものと決まっていたと考えられる。ただし、この時代の文献にはまだ、鍋焼きうどんという品書きは出てこないという。

 鍋焼きうどんの記録の初出とされるのは、明治維新の三年前の元治二年(一八六五)初演の芝居の台詞である。江戸三座の一つとして知られた市村座で掛かっ た「粋菩提禅悟野晒(すいぼたいさとりののざらし)」という芝居で、大阪四天王寺山門前で夜鳴きうどんを商う男が、客に向かってこう語る。ついこの前まで は大阪名物のえんどう豆を売っていたのだが、近頃流行の鍋焼きうどんにすっかり押されてしまい、それから商売がえをしました、と。芝居に取り上げられると いうことは、当時の大阪では、屋台の夜売りの鍋焼きうどんがかなり流行になっていることを裏づけているわけだ。では、その流行が始まったのはいつ頃かとな ると、はっきりしない。「守貞謾稿」以降から元治年間までの間の時期と推定すると、嘉永末期頃からの10数年間のこととなる。

 ただ、大変な人気を博したのは大阪のことで、江戸でもてはやされた形跡はない。ようやく伝播してきたのは東京に変わった明治六、七年頃のこととされてい るが、いったん登場すると、その普及は早かった。明治になってからもしばらくの間、東京では夜そば売り(夜鷹そば)があちこちに屋台を出していたが、鍋焼 きうどんが出現するや、たちまち席巻されて姿を消してしまったという。ちなみに、東京での流行の最初は、明治十一年頃の深川という説もある。

 鍋焼きうどんは小ぶりの土鍋を使った一人前用の鍋物だが、これを洗練させ、何人もが楽しめるようにしたのが、大阪の老舗店の「うどんすき(商標登録)」 である。一方、東京でも明治から大正にかけての時期、ざる老舗のそば屋が「よせ鍋」と称してうどん台の鍋物を提供している。

バックナンバー

ページ上部へ