ホーム > おそばのあれこれ > 湯桶(ゆとう)

おそばのあれこれ

そばの豆知識 9湯桶(ゆとう)

蕎麦湯を入れる湯桶は、蕎麦屋になくてはならない道具の一つである。塗り物(本物かどうかは別にして)と陶器(土瓶)に大別されるが、陶器が普及するのは大正から昭和にかけての頃で、本来湯桶というのは塗り物だったという。つまり土瓶は代用品だったわけだ。

 

 外側は朱色か黒塗りだが、内側は朱塗りが一般的である。

 

 塗り物の湯桶には円形の丸湯桶と角型の角湯桶とがある。好みにもよるだろうが、色合いも温かく映える塗り物の湯桶から注いで飲む蕎麦湯の味は格別、という人も少なくない。

 

 そばを食べ始めた後に蕎麦湯を飲む習慣が江戸で広まり始めたのは、寛延(1748~51)頃の江戸時代中期以降とされるが、蕎麦屋が蕎麦湯いれとして湯桶を使い始めた年代ははっきりしていない。蕎麦湯を飲むことについては書かれていても、蕎麦湯をどんな容器に入れて出したかについて記した資料は無いようである。

 

 幕末の頃の風俗の記録である「守貞謾稿」を見ても、蕎麦屋のもりそば1式の道具として蒸籠、猪口。だし汁入れ、箸、薬味皿、盆と図入りで説明しているものの、どうしたことか湯桶と蕎麦湯については全く触れられていない。道具類に関して、かなり細かく描写している同書がなぜ湯桶を取り上げなかったのか。ちょっと解せないところではある。

 

 湯桶はもともと上流階級の婦人が化粧用の湯次として用いていたもので、江戸時代には酒器にも使われていたという。また茶懐石では最後に一口残しておいた飯椀のご飯を香の物で湯漬けにするか。このとき焦がし湯を入れて持ち出すのにも湯桶が転用されている。

 

 いずれにしろ湯桶は本来蕎麦湯専用の容器ではなかったようで、問題はいつ頃から蕎麦屋で転用されるようになったかである。

 

 ところで、江戸時代までの湯桶は曲げ物、つまり丸型で、角湯桶が登場したのは明治になってからともいわれるが、以降子の角型の湯桶が代表的な形になった。

 

 この角湯桶はよく知られるように、口が正面についてなく、横のほうに突き出た格好になっている。そこから、人が話しをしている最中に口出しすることを「蕎麦屋の湯桶」と呼ぶようになったという。この諺が広まりだしたのは角湯桶が普及した明治以降のことということになる。

 

 ちなみに湯桶を「ゆとう」と読む類いを「湯桶読み」という。漢字二字で出来ている熟語の上の字を訓で読み、下の字を音で読むことである。普通の熟語は音読み、訓読みだけで統一して読むものだが湯桶の場合は「とうとう」とも「ゆおけ」とも読まない。反対に上を訓読み、下を音読みする場合は「重箱読み」という。

バックナンバー

ページ上部へ